必見!絶対融資が受けられる正規の金融会社

金融ブラックが原因で、消費者金融や銀行からお金が借りれない。

その原因を知り改善をすることによって、お金が借りれない問題を解決することができます。

また、消費者金融でお金が借りれなくても、借りる以外の解決法もあります。

以下では、ブラックになった原因やブラック状態の期間はどのくらいなのか、そして、金融ブラックがお金を借りる方法を紹介しています。

またその下には、お金を借りる以外の、借金をしないで誰でも現金調達できる方法も紹介しています。

どこからも借りれない原因

一口に「金融ブラック」と言っても、ブラックになる原因は人それぞれ違います。

そして、ブラックではなくても何かが原因となり借りれないパターンもあります。

以下の中で、当てはまるものはないかチェックしてみましょう。

  • 申込条件を満たしていない
  • 申込情報の虚偽申告
  • 総量規制オーバー
  • 申し込みブラック
  • 他社借入件数が多すぎる

申込条件を満たしていない

ローンには、それぞれ申し込みができる人の条件があります。

主な申し込み条件は、年齢・国籍・安定した収入があるかです。

対象年齢は、ほとんどの業者で20歳以上と定められているの場合が多く、上限年齢については業者によって違います。

国籍については、ほぼすべての業者が日本国籍を持っている人か、永住権を持っている外国人にしか融資を行っていません。

申込情報の虚無申告

申し込みフォームの入力に間違いや虚無申告があり、審査に落ちてしまうケースがあります。

特に虚偽申告はかなり心証が悪くなってしまいます。

審査に通りたい一心から、他社借入件数や他社借入金額を少なく申告してしまう方が多いようですが、信用情報からデータを取得すれば虚偽申告はすぐにバレてしまうのでやめておきましょう。

総量規制オーバー

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者を対象に、貸付額を年収の3分の1に制限した法律(貸金業法)のことを言います。

要するに、消費者金融で借りれる金額は年収の3分の1までになるのです。

また、借入が年収の3分の1に達していなくても、借入残高が大きい場合には新規申込時の評価が低くなります。

申し込みブラック

短期間に複数のクレジットカードやカードローン、キャッシングに申し込みんだ状態のことを“申し込みブラック(多重申し込み)”と言います。

短期間に複数とは、カード会社や消費者金融会社によって異なりますが、一般的に1ヶ月間に3枚以上の申し込みで、申し込みブラック扱いに なると言われています。

申し込んだだけなのになぜブラック扱いになるの?

と思うかもしれませんが、短期間で複数社への申し込みは、「それだけお金に困っている人」とみなされてしまい、必然と「返済能力がない人」と判断されてしまうのです。

他社借入件数が多すぎる

他社借入が4社以上あると“多重債務者”とみなされ、審査に落ちる原因となります。

多重債務者は借金の返済を借金で行い、借金が雪だるま式に増えていってしまう可能性が高いため、融資を行うのが難しくなるのです。

多重債務者の人はおまとめを行い、債務を一本化することでお金を借りるようになる場合もあります。

一生ブラックのままではない

ブラックリスト入りしている間は、クレジットカードやカードローン、キャッシングの審査に通りにくくなります。

また、有担保融資である自動車ローンや住宅ローンについても、審査通過が厳しくなります。

しかし、一度ブラックになると、一生そのままという訳ではありません。

ブラック状態である期間は5年~10年で、返済延滞や債務整理などブラックリスト入りした原因によって期間が異なります

ブラックリストの登録期間

金融事故情報は、CIC、JICC、KSCの各個人信用情報機関に記録されます。

個人信用情報機関ごとに、金融事故情報の登録期間は異なります。

※表中の年数はすべて最長です。

ブラックリスト掲載条件 CIC JICC KSC
61日以上延滞 5年 1年 5年
3か月以上連続延滞 5年 5年 5年
強制解約 記載なし 5年 5年
債務整理(任意整理・特定調停・個人再生) 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 記載なし 5年 5年

金融事故情報は原則として5年で個人信用情報機関から消えます。

自己破産のみ、最長10年間保管されます。

金融ブラックがお金を借りる方法

大手消費者金融や銀行で借りれな方が次に検討するのは「中小の消費者金融」ですよね。

ご存じの通り、中小の消費者金融は大手消費者金融や銀行よりも審査が甘く、ブラックの人も融資対象としています。

過去に債務整理や自己破産の経験がある、という方でも門前払いされることなく審査を受けることができるのです。

しかし、いくら審査が甘くなっていると言えど、すべての人が確実に審査に通るわけではありません。

他社借入件数や申し込み件数が多すぎる場合や、長期に渡っての返済遅延や滞納がある場合は審査に通ることが難しくなります。

そして、中小の消費者金融でも借りれない、となった場合。

お金を借りる最終手段として選ばれるのが「車担保融資」です。

車担保融資は、担保となる自動車さえ所有していれば、どこからも借りれないブラックの方でもほとんどの場合で借りれます。

ただし、車担保融資を利用するのはあまりお勧めはできません。

なぜらなら、車担保融資には多くのデメリットがあるからです。

車担保融資はデメリットが多い

車担保融資のデメリットを挙げると、

  • 闇金業者が多く潜んでいる
  • 車を失うリスクがある
  • 有担保融資なのに金利が高い
  • 車検証の名義変更をしなければならない
  • 名義変更、車の保管料など手数料がかかる場合も
  • リース料がかかる場合も
  • ローンを組むケースもある
  • 借入中も保険や税金は利用者負担
  • 実際の融資額は少ない
  • 融資額以上の返済の恐れ

こんなにもたくさんあるのです。

借りれるところが他にないと言えど、これだけのデメリットやリスクを負ってまで融資を受ける必要はあるのでしょうか?

もう少し視野を広げてみると、お金を借りる、つまり借金以外にも現金調達ができる方法があるかもしれません。

借金をしないで現金調達!

「お金を借りる」以外にも現金を調達できる方法はあります。

その方法とは、「給料ファクタリング」です。

※サービスが終了しました。

七福神の給料ファクタリングのサービスを利用すれば、ブラックでも即日融資に代わる資金調達が可能。

給料債権の買取で、他の金融機関でお金を借りられない方、生活費がたりない方の支援をしています。

国内ではまだ聞きなじみがないと思いますが、今ファクタリング発祥の国のイギリスではこの給料ファクタリングのサービスが広まっており、今日本でも新しい資金調達のサービスとして注目されています。

給料ファクタリングって何?

一般的にお給料というのは締め日まで1ヵ月間働き、支給日にお給料として支払われるのが通常です。

そして締め日までしっかり働いた方にはその対価として、お給料を会社から払ってもらう権利(給料債権)が発生します。

その権利(給料債権)を七福神があなたの必要な金額に応じて、現金で買い取るという流れになります。

簡単に言えば、【給料債権(貰う予定の給料)】を【七福神に売って】、【現金に換える】ということです。

まるでお給料の前借りのようですが、給料ファクタリングを利用しても勤務先や家族に知られることはありません。

給料ファクタリングのメリット

給料ファクタリングがどのようなサービスか知っていただけたところで、次に、給料ファクタリングのメリットでもある特徴を紹介していきます。

  • 給料日前で財布が寂しい…
  • 急用でどうしてもお金が必要…
  • 会社に働いた分の給料を前払いしてもらえないか相談したけど断られた…
  • 会社、友人、家族には相談しづらい…
  • 今だけしのげれば…

こんな悩みの救世主になってくれますよ。

ブラックOK

七福神は融資を行っている貸金業者ではありません。

給料債権の買い取りサービスを提供しているファクタリング会社になります。

給料ファクタリングの場合は債権譲渡契約という売買契約を結ぶので、利用者の過去の借入れデータは一切関係ありません。

つまり、過去・現在の信用情報機関の履歴には一切触れられず、自己破産などでブラックになっていても利用ができるという訳です。

七福神のホームページでも、「ブラックの方も大歓迎」と明記されています。

誰にもバレない

給料ファクタリングの説明で、「お給料の前借りのようなサービス」と言いましたが、給料ファクタリングを利用してもお勤め先の会社に知られることはありません。

在籍確認についても、勤務先への電話連絡での確認ではなく、「直近3ヶ月分の給料明細」または「お給料が振込みされている通帳のページ」など、収入があることを証明するものがあればOKです。

給料ファクタリングを利用しても、勤務先や自宅に利用通知等のハガキが届くことも、電話がかかってくることもありません。

七福神と利用者の2者間での契約になるので、第3者に知られる心配はありませんよ。

パート・アルバイト・学生・主婦OK

即日融資に代わる給料ファクタリングという新しいカタチの資金調達が可能な七福神は、全国どこからでも利用が可能です。

現在働いていて、収入証明が確認できる方ならパート・アルバイトの方でもOKです。

そして、ご主人様がお仕事されていれば、主婦の方でも利用可能な場合があります。

もちろん、キャッシング融資等の審査とは異なるので、奥様が借入ブラックなどでも問題ありません。

即日で現金を手にできる

問い合わせフォームから連絡をすると、約10分程度の受付があります。

その語、簡単な必要書類をFAXまたは写メールで送信すると、すぐに必要な金額が入金されます。

簡単で時間のかからない流れになるので、お昼休みなどの短い時間でも、その日のうちに給料債権を現金化することが可能になっています。

月~金の営業日までであれば当日着金が可能で、日曜日は18:00までの受付になります。

祝日も19:00までの通常営業となっています。

信用情報の履歴に残らない

通常、カードローン、キャッシングなどを利用すれば信用情報機関に履歴が残ります。

住宅ローン、マイカーローン以外はマイナスなイメージにもなってしまいます。

ですが、給料ファクタリングのサービスを利用しても信用情報機関に履歴に、借入データとして残る事はなく、金融ブラックになる原因には絶対にならないのです。

総量規制の対象外

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者を対象に、「貸付額を年収の3分の1に制限した法律(貸金業法)」のことを言います。

消費者金融、車担保融資はももちろん総量規制の対象となっており、年収の3分の1以上の金額を借りることができないのですが、七福神の給料ファクタリングはキャッシングではないので総量規制の対象外となっています。

総量規制に引っかかって他社で断られた方でも、必ず現金調達をすることができますよ。

まとめ

即日融資に代わるサービス、給料ファクタリングなら融資ではなく給料債権の買い取りになりますので、過去の金融データ、総量規制も対象ではありません。

他の金融機関でお金が借りれないブラックの方でも、利用することができるのです。

七福神の会社概要や契約方法、返済方法、メリットやデメリットなど詳しい情報は、七福神の給料ファクタリング【口コミ評判】にてご覧になれます。

月に一回の決まった給料日にしかもらえなかったお給料を、必要な時に必要な金額分受けとることができる給料ファクタリングは、全国どこからでもWEB申し込みができて、来店不要の即日で現金を手にすることが可能です。

※サービスが終了しました。

給料ファクタリングはあなたのお給料内での現金化になるので、借金返済のような苦痛や後の生活を圧迫することもありません。

他社借入が原因でどこからも借りれない方は、七福神の給料ファクタリングの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

お金を借りる事が現金を調達する術ではないことを、ぜひ知っておいてください。