沖縄県で総量規制オーバーでも借りれる金融会社

2019年7月15日

多重債務や過去の自己破産・債務整理等、ブラックでも借りれる金融会社は沖縄県にもたくさんありますが、総量規制対象外の金融会社は存在するのか。

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者を対象に、貸付額を年収の3分の1に制限した法律(貸金業法)のことを言います。

要するに、消費者金融で借りれる金額は、年収の3分の1までになるのです。

ですが、すでに総量規制をオーバーしているからといって、すべての金融会社から借入ができないという訳ではありません。

総量規制の貸金業法から外れる金融会社も存在するのです。

以下では、沖縄県で総量規制オーバーでも借りれる金融会社を紹介しています。

またその下には、借金をしないで現金調達ができる総量規制対象外の金融会社も紹介しています。

こちらは、総量規制をオーバーされている方だけでなく、どこからも借りれない超ブラックさんや正社員よりも収入額が低くなるアルバイトやパート、さらには高校生や大学生でも即日で現金を手にすることができるサービスを提供している業者になります。

総量規制対象外の借入

総量規制により困る人が少なくなるように、総量規制には「除外貸付」と「例外貸付」という対象外となる借入れが定められています。

除外 例外
  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 高額療養費の貸付
  • 有価証券担保貸付
  • 不動産担保貸付
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
  • 顧客に一方的に有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
  • 配偶者とあわせた年収の3分の1以下の貸付
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

「除外」…総量規制対象外。年収の3分の1を超えていても借入ができる。
「例外」…総量規制対象外ではないが、年収の3分の1を超えていても返済能力があれば借りれる場合がある。

消費者金融では、「緊急で高額な医療費の支払いが必要になった」「事業でお金が必要になった」などの条件を満たした人のみ、総量規制の例外としてお金を借りることができます。

一方で、住宅ローンや自動車ローンなどの有担保ローンは、総量規制の除外となります。
そのため、住宅ローンや自動車ローンでお金を借りている場合でも、消費者金融からは年収の3分の1までのお金を借りることが可能です。

おまとめ(借換え)ローンは総量規制の例外となりますが、返済専用の商品(返済を一本化することを目的としたローン)であるため新たにお金を借りることはできません。

ブラックOK!借り換え・おまとめローン対応可能の金融会社

複数の金融会社で借入をして返済に困ったとき、助けになるのが「おまとめローン」です。

複数のローンを1本にするおまとめローンには、「返済日の統一」「返済額の軽減」「返済時の手間や手数料の節約」「金利の低減」などのメリットがあります。

しかし、おまとめローンは総量規制対象外(例外)であっても、借入先や借入額が多ければ大手消費者金融や銀行での審査通過は厳しくなります。

そこで、比較的審査が甘くなっている「おまとめローン対応可能な中小の金融会社」を一覧にしました。

いずれも貸金業登録のされた正規の金融会社であることを、金融庁のデータベースにて確認済みです。

全国対応の業者なので、沖縄県からでもWEBからの申し込みが可能ですよ。

正規の金融会社一覧 貸付利率/融資額
アロー 15.00%~19.94%/200万円まで
いつも(株式会社K・ライズホールディングス) 5.8%~18.0%/1万円~300万円
フクホー 7.30%~15.00%/100万円~200万円
中央リテール 10.95~13.0%/500万円まで
ライフティ 8.0~18.0%/300万円まで
エース 7.0%~20.0%/100万円まで
キャネット 15.0~20.0%/500万円まで
ユーファイナンス 7.3%~15%/100万円~700万円
ぽちスマくん(トライフィナンシャルサービス) 9.85%~14.85%/50万円~500万円

現在複数ある借入を一本にまとめる事により、借金状況の管理が楽になります。

なにより、多重債務からの解放によって、先の見えない返済スケジュールに悩まされることもなくなりますよ。

今後の見通しをつけやすくするためにも、おまとめローンで借金の一本化をしてみてはいかがでしょうか。

沖縄県から申し込める正規車金融業者

おまとめローンでは新たにお金を借りることはできませんが、車金融でなら可能です。

車金融は、担保となる車さえ所有していれば、総量規制をオーバーされている方でも借入ができます。

しかし、車金融の中には闇金業者が多く潜んでおり、間違えて申し込みをしてしまうと違法行為で貸付をされたり、車を騙し取られる詐欺被害に遭ってしまいます。

ここでは皆さんが安心して申し込めるように、国または都道府県から許可を得ている正規業者を紹介しています。

沖縄県に対応している業者も一目でわかりますよ。

全国から申込み可能な正規の車金融業者一覧

申し込み前にご自身車の査定額を知る方法も載せているので参考にしてください。

事前に査定額を知っておくことによって、融資金額の交渉もスムーズに行え「即日融資も可能」になります。

また、「借りるより売った方がよかった!」などの損もしなくて済みますよ。

借金をしないで現金調達!総量規制対象外の金融会社

総量規制をオーバーしていてもお金を借りることができる車金融ですが、担保にする車を所有していなければ利用することはできません。

ですが、総量規制をオーバーしていても現金調達ができるのは「おまとめローン」や「車担保融資」が利用できる消費者金融だけではないのです。

「七福神の給料ファクタリング」のサービスを利用すれば、借金をしないで誰でも必ず現金調達をすることができますよ!

給料ファクタリングは消費者金融での即日融資に代わる現金調達ができるサービスで、本来支払期日にならないと入金されないお給料をあなたの好きなタイミングで現金化することができるのです。

国内ではまだ聞きなじみのないサービスですが、ファクタリング発祥の国のイギリスではこの給料ファクタリングのサービスが広まっており、新しい資金調達のサービスとして、今、日本でも注目されているサービスです。

沖縄県からでも電話やネットさえあれば必ず即日で現金を手にすることができますよ!

給料ファクタリングとは

一般的にお給料というのは締め日まで1ヵ月間働き、支給日にお給料として支払われるのが通常です。

そして締め日までしっかり働いた方にはその対価として、お給料を会社から払ってもらう権利(給料債権)が発生します。

その権利(給料債権)を七福神があなたの必要な金額に応じて現金で買い取るという流れになります。

簡単に言えば、【給料債権(貰う予定の給料)】を【七福神に売って】、【現金に換える】ということです。

まるでお給料の前借りのようですが、給料ファクタリングを利用しても勤務先の会社に知られることはありません。

また自宅に利用通知が届くこともないので、家族にバレる心配もありませんよ。

誰でも利用ができる理由

七福神の給料ファクタリングは、収入さえあれば誰でも利用ができます。

それは、給料ファクタリングがあくまでも「給料債権の売買」であり消費者金融や銀行での借入(借金)とは全く異なるものだからです。

借金ではないのでもちろん総量規制の対象外。利息や担保も必要ありません。

過去の借入情報などが記録されている個人信用情報の履歴をチェックされることもないので、他社数件で借入をされている多重債務者でも返済遅延や滞納がある方でも審査に影響することはないのです。

そして給料ファクタリングの利用が個人信用情報の履歴に残ることもありませんよ。

正社員と比べると収入が少なくなるアルバイトやパートでも問題なく利用することができます。

七福神の会社概要や契約方法、返済方法、メリットやデメリットなど詳しい情報は、七福神の給料ファクタリング【口コミ評判】にてご覧になれます。

七福神の給料ファクタリングは、月に一回の決まった給料日にしかもらえなかったお給料が、必要な時に必要な金額分受けとることができます。

全国対応の業者なので、近くに店舗がなくて利用できないなんてこともありません。

沖縄県からでもWEB申し込みができて、直接店舗に行く必要もありません。

七福神の営業日(祝日を除く月~金)で、銀行の営業時間に間に合うように申し込みを完了させれば、即日で現金を手にすることも可能です。

給料ファクタリングはあなたのお給料内での現金化になるので、借金返済のような苦痛や後の生活を圧迫することもありません。

申し込みから最短30分で指定の口座に入金されるので、お急ぎの方にもお勧めのサービスですよ。